北習志野駅徒歩5分・船橋日大前駅からも通院便利な清水歯科・矯正歯科では一般歯科・小児歯科・矯正歯科・予防歯科等の治療を行っています
ホーム > ブログ

ブログ


 コロナワクチン接種2回目を終えた感想
投稿:
当院スタッフ10数人が、無事コロナウイルスのワクチン接種2回目を終えました。

1回目の腕の痛みに加え、翌日は熱発する人が多く、2日間高熱が出た女性スタッフもいました。(1回目にも熱が出た方でした)

熱が出なくても、翌日に倦怠感を感じていた方も多くいました。

ワクチン接種の翌日を臨時休診としましたが、正解だったと思います。

我々の会場は接種日が木曜日に限られており、翌日の臨時休診でご迷惑をおかけしましたが、
これからワクチンを接種される方は、2回目の翌日はお休みの日を選ぶなど工夫をされたらと思います。

2021年6月22日(火)

 コロナワクチン接種1回目を終えた感想
投稿:
当院スタッフの希望者10数人が、コロナウイルスのワクチン接種1回目を終えました。
1回目なので、3週間後に2回目を接種予定です。

10数名の副反応の聞き取り調査の結果です。
ご参考になれば幸いです。

・注射側の腕の痛みは全員が訴えていました。
数時間後から少し痛い程度で、打った側を下にして寝ると痛かったようです。棚の上の物を取ろうと腕を上げると痛がっていました。
・倦怠感は数人が訴えていました。
・翌日の発熱は1名(40代女性)

2回目の接種後の副反応は大きいと聞きます。
副反応を考えて、接種翌日の6/11(金)は臨時休診となっております。
宜しくお願い致します。

2021年5月24日(月)

 コロナの影響下での3歳児健診
投稿:
北部保健センターで船橋市の3歳児健診を担当させていただきました。
いつもなら歯医者の(私の)膝に寝かせて口の中をチェックするのですが、
コロナの影響で、子供は立ったまま「あーん」してもらうという状況でした。
私たちはフェイスシールド着用でした。
どうしても泣いてしまう子だけ、お膝にごろんでした。
その際も、使い捨てのシートを膝に敷いて、口も指で触らないでミラーで開く、など、
極力、接触を少なくするという環境下での健診でした。
密にならないように時間差で誘導したり、保健センターの皆さんも努力されて大変だと思いました。

まだみなさん乳歯ですが、「歯並び」の相談を多く受けました。
「受け口が気になる」
「歯が曲がって生えている」
「すきっ歯が気になる」
などなど。

乳歯ですきっ歯は普通なので、気にしなくてよいことがほとんどです。
でも、受け口さんの場合は、早めの相談をおススメします。
上あごは下あごよりも早めに成長のピークが来るからです。
乳歯からやれることもありますので、かかりつけ医に相談してみてくださいね。

2020年12月7日(月)

 2歳6か月検診
投稿:院長
習志野台の東部保健センターで2歳6か月児の歯科検診を担当しました。
ママと向い合せに座って、私のお膝にごろんと寝てもらい、「あーん」と口をあけてもらいます。
50人くらいを担当させて頂いたかと思いますが、むし歯が少なくなってきていて良いですね。
ママたちのお子様のお口の中に対する意識が高かったです!

「将来的に、歯並びが悪くなりそうだなぁ」という子も多かったのですが、すぐに治療が必要なわけではないので、歯並びが少しでもよくなるよう、生活習慣で気を付けることをお話しさせて頂きました。
これからも、かかりつけの歯医者さんで管理してもらって下さいね。

2019年7月22日(月)

 こどもの矯正はいつから?
投稿:矯正担当より
最近、こどもの矯正の開始時期についての相談を多く受けます。

歯の生えかわりの時期は、あごの骨の成長期でもあるため、適切な時期を見極めることが重要です。
「歯のガタガタ」、「出っ歯」、「受け口」などを治療する際に、
あごの骨の、前や横への成長だけでなく縦の成長(水平的および垂直的な成長)パターンによっても、開始時期は異なります。

生え変わりの時期に矯正をすることで、
大人の歯になった時にワイヤーなどで歯を動かす治療(II期治療と呼びます)をやらなくてすむ可能性や、
もしII期の矯正をすることになっても、歯を抜かない可能性が上がるメリットもあります。

こどもの矯正装置(歯の生え変わりの時期の矯正)は、かんたんに自分で取り外し可能な寝るときだけの装置が多く、痛みもないものがほとんどですが、
お顔の骨の成長パターンによって、開始時期、使用する矯正装置が変わるので注意が必要です。

レントゲン(頭部X線規格写真)などを用いた、矯正治療に特化した検査と診断が必要です。
かみ合わせの機能や空気の通り道(気道)についても考えなくてはなりません。
また、あごの成長によってお顔に変化(特に横顔のシルエットに変化)が出てくるので、正確な分析と診断が重要です。

こどもの矯正をやっても、あまり効果のない場合(お金や装置の負担だけがかかってしまう場合)などは、
こどもの矯正をおすすめしない場合もあります

気になることは、お気軽にご相談いただければと思います(^^)

2019年3月6日(水)

 学会に参加してきました
投稿:清水歯科・矯正歯科
日本矯正歯科学会大会(横浜市)と、日本人類学会大会(三島市)に参加してきました。
矯正学会では最新のシステムなどの紹介もあり、いつも勉強になります。
骨についての研究が多い人類学会では、矯正医の清水が研究発表を行いました。
「成長期のあごの発育に与える要因」についての内容でしたが、
質疑応答が多く、興味を持ってくれる先生が大勢いて嬉しかったです。

2018年11月9日(金)

 よい歯いい顔ニコニコキャラバン(ららぽーと)
投稿:清水歯科・矯正歯科

毎年、ららぽーとで行われる船橋歯科医師会のイベント「よい歯いい顔ニコニコキャラバン」にて、

当院の矯正医清水が「矯正歯科相談」を担当させて頂きました。



半日で20人ほどのお子様のご相談をお受けしました。

お父様やお母様の歯並びのお悩みもありました。


生え変わった歯が変な方向から生えてきた、

いつからこどもの矯正治療を始めるのが良いのか、

近くの医院ですすめられた方針に不安がある・・・

など、皆さまから様々なご質問を頂きました。


少しでもお役に立てたなら幸いです。

大盛況のイベントでした!


2018年9月11日(火)

 ブログをはじめました。
投稿:清水歯科・矯正歯科
宜しくお願い致します。

清水歯科・矯正歯科 
スタッフ

2018年9月9日(日)


清水歯科・矯正歯科
〒274-0063 千葉県船橋市習志野台2-10-8
047-465-3014